結婚後薬剤師の資格を活かして再就職をしました

薬剤師の資格について

大学では薬学を学び、卒業時に薬剤師の資格を取得しました。薬学部では取得するのが当たり前の資格です。化学など暗記しなければならない事項が多くて苦労しましたが、取得できた際には充実感と満足感があったことをよく覚えています。友人も同じことを言っていました。卒業後しばらくは薬学とは無関係の事務の仕事をしていましたが、結婚を期に退職し、その後しばらくは専業主婦をしていました。家事に慣れてきたころに再就職を考えましたが、その際に有益だったのが薬剤師の資格です。自分でいうのもなんですが、それなりに難易度の高い資格ですので、保有者が少ないという点は大きなメリットでした。結果的にドラッグストアでの就職が決まり、元主婦としては高給をいただくことができています。仕事環境も良好ですので、薬剤師であればこそ得られた環境だと考えています。自分と同窓の友人・知人も同じ感想を持っているところです。資格は持っていないよりは持っている方がずいぶん良いといわれますが、本当にその通りだと実感しています。薬学を学ぶことは決して簡単なことではありませんが、一生ものの資格だといえますので、資格取得を目指す方にはぜひ頑張ってほしいと思いますね。

旦那の地方赴任で職場をやめることに以前とは違う職場が楽しい子供ができてからも無理なく続けられた薬剤師の資格について