結婚後薬剤師の資格を活かして再就職をしました

旦那の地方赴任で職場をやめることに

旦那の地方赴任で職場をやめることに以前とは違う職場が楽しい子供ができてからも無理なく続けられた

家の家業が街の薬局店だったので薬剤師資格を取得するために大学に進学しました。
しかし、家の近くに調剤もできる大きなドラッグストアが開店し小さな私の家の家業は続けることができなくなってしまいました。
家を継ぐ必要がなくなってしまった私は、大学在学中に資格を取得するのはやめようかと悩みました。
ですが、薬剤師の資格を取得するための勉強を始めたのですから、資格だけは取っておこうと思い直したのです。
薬剤師は専門職で勉強は大変でしたが、無事に取得し卒業することができました。
就職先は病院の調剤薬局を希望し、希望の病院に就職することもできました。
病院の調剤は多くの患者さんでいつも混んでいましたが、その分大きなやり甲斐を感じられる仕事でもありました。
病院で働き始め3年が過ぎた頃にプロポーズをされて結婚することになりました。
結婚相手は銀行に勤める「銀行マン」でした。
結婚をした当初は夫は私の居住する地域に赴任してきたばかりでしたが、結婚2年後に他の地方への不妊を言い渡されてしまいました。
結婚はしていましたが子供はいませんでしたので、当然のように夫と地方に引っ越すことにしました。
やり甲斐を感じていた病院での仕事でしたが、引っ越し先から通うこともできず退職をすることになったのです。